研究室の紹介

東洋史研究室は教員、院生、学部生あわせて40人前後の大所帯です。地域、分野とも豊富な人材をがそろい、幅広い話題が日常の研究室内にあふれています。また研究会、自主ゼミも頻繁に開催され、白熱した議論が明け方まで繰り広げられています。教室での講義や演習だけでなく、休業期間中には積極的に海外へ赴き、現地で調査を行います。学問ばかりでなく、スポーツ、レジャーにも積極的に取り組む活気あふれる研究室です。